音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

光媒の花 / 道尾秀介 (2010)

連作短編集。ジャンル的には推理小説ということもあってか各話にそれなりのトリックが用意されているのだけれども、それを読み解くというよりは道尾秀介ならではなの叙情的な表現を楽しむための作品に仕上がっていると思う。