音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

New! / LAMA (2011)

スペーシーエレクトロなんだけれども退屈にならずに、でもメロディが生き生きとしているというわけでもなく、ひたすらに淡々と音を紡ぎ上げるというのは、ある種の職人芸なのではないかと思えてきた。どこか切なくて、でもとても現代的で、でも何か物足りなくてという微妙なバランスの上に立っているポップス。聴けば聴くほど味が出てきた。