音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

新人 / 筋肉少女帯 (2007)

あらためて聴いてみると、ブランクなどどこへやらの完璧な筋肉少女帯のアルバムなんだな、これ。復活後に自分が期待していた筋少のイメージとギャップがない。リメイク曲をうまく配置したバランスもよいのかもしれないけれども、どこまでもあさっての方向を向いた歌詞とメタルなギターが健在が健在だというところに、筋少を筋少たらしめている点を見失っていないことが成功につながっているような。

それにしても大槻ケンヂのボーカルって、特撮で聴く分にはモダンなものに聞こえるんだけれども、バックが筋少チームになると突然レイドバックして聞こえてくるのはなぜなんだろう。