音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

quake and brook / the band apart (2005)

バンアパ作品の中で最も爽やかで最もメロディアスな曲が揃っている逸品。tr.1のイントロを聴いた瞬間に気分が上がる。最初に聴いたときにはそれほどインパクトを感じるバンドではなかったのにね。「好きになる」ということの心のロジックがわからない。