音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

Sweet / スガシカオ (1999)

ハードボイルドを描きあげた初期の傑作。そもそもこの声だけで反則技の武器を持った人なのだから、研ぎ澄まされたトラックさえ作ってしまえば向かうところ敵無しになるのだよな。事務所から独立したスガシカオが、次に何を見せてくれるのかが非常に楽しみ。ファンクという音楽性寄りになっていた路線を、どこまで自分好みに仕上げてくれるか。もちろん新たな裏切りを仕掛けてきても良いのだけれども。それだけスガシカオには期待する要素が多いということでもある。