音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

VITAMIN / 電気グルーヴ (1993)

このアルバムもそろそろ20年選手か。このジャンルを突き詰めて聴いていないためか、いつ聴いても新鮮に楽しめる一枚。僕の中では全く古びることの無い作品。明るい世界から始まり、「Popcorn」でまりんの奇才ぶりに感服し、「NO」で我に返るという流れも素晴らしい。僕にとっての電気の基本はこの一枚にあると言ってもいい。