音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

コンプリート・オブ・大黒摩季 at the BEING studio / 大黒摩季 (2003)

CD-Rにコピーしたものを持っていたこと自体忘れていたベスト盤。収録曲がヒット曲だけに絞られていて、非常に聴きやすいベスト盤なのに、どうして今まで忘れていたのだろうか。リマスタもえぐいくらいに行われているので、フレッシュネスという意味ではなかなかハイスコアではないかと。オリジナルのミックスにそれほど愛着を持っているわけでもないので。

しかしこのハイエナジーボーカルは見事に一時代を築き上げましたな。僕は比較的ビーイング寄りな生活をしていたので、大黒摩季はドストライクでありました。なに、この「夏が来る」(Spanish Version)の妙な暑苦しさは。言語が変われども、勢いは変わらないと言う辺りに、彼女の芯からの力強さが見受けられて面白い。ある意味唯一無二のお姉さんでありました。