音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

Red Moon / Kalafina (2010)

自分の中では勝手に「菅野よう子 VS 梶浦由記」という取り組みがあるのだけれども、勝ち負けというわけではなく、カラーが強いという意味で取り組んでいるだけの話。梶浦由記は比較的雰囲気に流される音楽を作るように思えるのは気のせいかしらん。とはいえKalafina以外で梶浦由記の曲を聴いたことはないのだけれども。