音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

SID 10th Anniversary BEST / シド (2013)

シドを語る上での良い言葉があった。「小粒感」。これだ、これに限る。時折はっとさせられるような気になるメロディがあってもやはり平凡だったり、全体的に何も残らない曲があったり「これがベスト盤?」と思わせるほどのボリュームの無さに肩すかしを食らった気分になったものだが、今なら分かる。そうだよ、小粒感、小粒感だよ。