音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

あなたと見た夢 君のいない朝 / 柴田淳 (2013)

初柴田淳オリジナル作品。全体的に湿潤な音楽が流れていく感覚。モイスチャー成分配合というやつでしょうか。フックの効いたメロディではないのだけれども、どこか他人事のように静かに情念を燃やしているような印象。これは1回聴いただけで判断出来るものではないな。今の印象は「悪くない」と言ったところ。ただ、今後好きになりそうな要素を多分に持っているような気はする。