音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

あなたと見た夢 君のいない朝 / 柴田淳 (2013)

全体的に端正。なのだけれども、この人でなくては!的な個性に欠ける印象。左から右へと簡単に通り抜けてしまう感覚。邪魔にならない音楽という意味で、入眠時にも使えるメリットがあるのだけれども。能動的に音楽を聴きたいときには向いていない気がする。悪くはないのだけれども、もう一捻り欲しい。あくまでも個人的な意見ではありますが。