音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

I could be free / 原田知世 (1997)

ポップスの名盤過ぎて困る。これ以降、どんどん線が細くなっていって折れそうなくらいまで行ってしまうのだけれども、このアルバムはギリギリのラインでふくよかさがまだ残っている。この時期の原田知世と結婚したい。