音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

TAPESTRY OF SONGS -THE BEST OF ANGELA AKI / アンジェラ・アキ (2014)

シングルベスト。アンジェラのアルバムはちょっと冗長だったり、寄り道が多かったりで1枚を聴き通すことが難しいながらもちょくちょく聴いていたのだけれども、シングル集としてまとめられると一本の筋が通ってとても聴きやすい。ま、それでもあちこち寄り道をしている感は否めませんが。

それにしても「手紙〜拝啓 十五の君へ〜」は白眉、別格。この曲に入った瞬間に涙腺が潤む。こういう強い楽曲を持っただけでもアンジェラ・アキは活動をしてきた意味があったのではないかな、などと思ったり。