音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

BEST / 中森明菜 (1986/2012)

山田稔明ネタで一本書こうと思ったがどうにもこうにも言葉が続かないので作業中止。そして何となく中森明菜へ。

SACDの数量限定盤を通常流通で入手出来ず、結構大変な思いをして手に入れたわりには、あっさりと再発されてしまったというあたり、見事に裏切られた感満載。その分、思い入れも強くなるということは言えるのですが。

ちなみにハイレゾとして売られている中森明菜のベストは、オリジナル音源に相当手を加えている「別物」なので、うっかりそちらを入手しないように気をつけましょう。買うならオリジナルに忠実なSACD盤のこちらの方を。