音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

風街ドライヴ〜THE BEST OF JUNK FUJIYAMA〜 / JUNK FUJIYAMA (2014)

山下達郎のフォロワーだとかシティポップの再来(しかも出来損ない)だとか色々言われまくっているアーティストではありますが、ここにあるのはごくごくよく出来た普通のポップスです。決定的に欠けているのは声。声に魅力がない。どの曲も気持ちよくドライブ出来そうな気がするけれども、声が歌について行っていないのだよね。伸びやかさや爽快感というものがやや薄いように感じられる。実はそこがキモなはずなのに、少々残念。でも、これはこれで聴けます。山下達郎を引き合いに出すのは間違っている。あれはあれ、これはこれ。