音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

EACH TIME 30th Anniversary Edition / 大瀧詠一 (2014)

ロンバケよりもこちらの方が好みかもしれない。ロンバケは極彩色のポップスという感覚だったけれども、こちらはややウェットに歌物にこだわっているように感じられる。甲乙つけがたいのは事実だけれども、今後聴く回数を予想するとこちらに軍配が上がりそうな気が。