音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

以心伝心 / 松岡英明 (1988)

当時、周囲の男子で松岡英明を聴いていた人はいなかったな。明らかにアイドル系アーティストとして売っていたので、女子にはそこそこ人気があったのだろう。

僕はこのとにかく底抜けにポップでどこか陰りのあるサウンドメイキングに惚れまくって、SONY所属時代のCDは一頃全部持っておりました。誰にも理解されなかったけれどもな!今聴いてもやはりこのシンセ系サウンドとイノセントな松岡英明のボーカルは、僕の心を鷲づかみにしてやまないのでありますよ。恐らく今でも理解はされないだろうけれども。