音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

ベスト・ヒット・アルバム / ピンク・レディー (2003)

先に逝去した阿久悠のビッグさの影に隠れて、未だ現役の都倉俊一の力量があってこそのピンク・レディーだったのではないか、などとつらつら思いながら聴いている。

歌詞のインパクト対して、楽曲がまったくもって負けてない好例。歌詞に対してもの凄くガチで勝負しているメロディとアレンジを見せているこの力量は半端ではない、と。なんだろうなぁ、70年アイドルにはそれほど強くないけれども、ごっそりとアイドルの立場を持っていってしまったユニットだったのではないか、と言う気はしている。ソロアイドルとユニットアイドルとの棲み分けが出来ていた時代の歌謡界とでもいいますか。

事実、メロディの一つ一つを取っても、非常にキャッチーで歌いやすいのよ。今でも高校野球の応援で使われている理由もよく分かる。メロディが古くならないのだよね。