音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

NEVER SOLD OUT 2 / LUNA SEA (2014)

ライブ盤。

LUNA SEAはここまでライブバンドだったのかと、改めて気づかされるコンパイル。『NEVER SOLD OUT』を聴いた時にはそこまで感じ取れなかったのだけども、今聴いてみると、本当にライブでのバンドアンサンブルの上手さが引き立つことを実感させられる。

とにかく圧倒的にRYUICHIが安定していることが、このバンドの一つのキモではないかと。やはりボーカリストには華がないと。その条件をこの人は十分に満たしている。一頃、ソロ活動を引きずったボーカルスタイルが、硬派なバンドの演奏との乖離を起こしていたのは事実だけれども、このディスクで聴けるRYUICHIのスタイルは、あくまでもLUNA SEAのボーカリストとしてのスタイルで格好良く決めている。

もちろんボーカリストだけではなく、演奏にも一切の破綻がなく、壮大なバラードから攻撃的なチューンまで自在にかつカラフルに決めていることが、このバンドをここまで延命させてきた理由なのだということがよくわかる。

何度活動を休止しても、見事にパワーアップして蘇ってきているということがよくわかる構成になっているのも、聴き応えある理由の一部。いや、本当に格好いいわ。2枚組のフルボリュームを一気に楽しむことが出来た。下手なベストアルバムよりも、格段に面白い。