音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

love to sleep / dip (1995)

最新作も決して悪くはなかったけれども、やはり自分にとってのdipはこのアルバムが頂点なのだよな。弾きまくるギターに、タイトなバンドアンサンブル。そしてヤマジの何とも言えない味のあるボーカル。何年愛聴しているか分からない。意外と精神的なシチュエーションも選ばないんだよね。暗い淵が存在しないと言うか。純粋に音楽として聴ける。