音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

Sailing to Philadelphia / Mark Knopfler (2000)

HDTracksで20%OFFの$14.38。1,500円くらいか。一瞬心が揺らいだけれども、オリジナルのCDもそれほど音質を追究したものでもないので、ハイレゾ購入は見送り。見送る勇気も必要だ。

ということで、これをきっかけにノップラーおじさんをしばらく聴いていなかったことに気づき、再生。休肝日ののんびりとした頭に、軟らかく作用する。ここまで枯れてしまうと、もう朽ちるだけなのではないかと心配してしまうくらいに、枯れまくっている音楽だけれども、その「枯れと朽ち」の境目でのんびりと歌い、たまにギターをつま弾くノップラーおじさんに、いつまでもゆっくりと音楽を作り続けて下さいな、とエールを送りたくなるのだよな。

久しぶりにひたすらまったりする音楽を聴いた気分。たまにはいいね。