音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

noon moon / 原田知世 (2014)

5年ぶりのニューアルバム。

『I could be free』で弾けるポップスを発表して以来、しばらく続いていた音数の少なく、どこか影のある路線から一転して、ずいぶんとポップに明るい路線に戻ってきた感あり。トラックがとてもハッピーなのだよね。原田知世のボーカルも明るい空の下で歌っているかのような解放感が感じられる。

ここ数作のアルバムは、その影ある感から聴くシチュエーションを若干選ぶことがあったけれども、これはいつでも聴けるとてもハッピーなアルバムではないかと。原田知世を聴き続けてきて良かったと正直に言える素敵なアルバム。