音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

ティピカル・アフェア / 面影ラッキーホール (2011)

バンドは大所帯だけれども、音数をやたらと重ねることをしないので、実は非常に聴きやすいバンドサウンドだったりする。適度に上手いのも、聴きやすさの要因かも。

とか言っている場合ではなく、朝から面影ラッキーホールは胃にもたれるな。「気が滅入る」までは行かないけれども、つきまとう背徳感と、夏の青空に見られている罪悪感というか。