音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

SCHOOL GIRL DISTORTIONAL ADDICT / NUMBER GIRL (1999)

『SAPPUKEI』があまりにも気に入ったので、これを機にNUMBER GIRLを見直してみようの巻。

まずはメジャー1st。これをリアルタイムで聴いても、絶対に受け付けなかっただろう。潰れまくった音の洪水、何を言っているのかまったく聞こえないボーカル、メロディすら存在するのか危ぶまれる楽曲たち。

1999年というと、bloodthirsty butchersが『未完成』を、eastern youthが『雲射抜ケ声』を、そしてdipが『weekender』を、coaltar of the deepersが前年に『THE BREASTROKE』をリリースしているタイミング。僕が愛していたどのバンドも代表作や名盤を作り終えた後に、NUMBER GIRLが現れたということか。

これらのバンドを愛していた人は、きっとNUMBER GIRLも気に入って聴いていたのかもしれないが、絶対的なメロディを持つ彼らに対して、メロディを放棄したとも言えるボーカリゼーションのこのアルバムは、ある種の凶器だったのではないだろうか。当時の動きを何も知らないので全ては憶測でしかないが、これは福岡から投下された危険な爆弾だったのかもしれない。聴けば聴くほどクセになるギター主体の世界。何やらわめいている狂気。何かが謎に包まれたようなアンサンブル。そのどれもが日本の中では規格外として、逆にその手の音楽を好んで受け入れる層に支えられたのかもしれない。

とりあえずストレートな感想は「音が塊になり過ぎて、話にならないよ」。もちろん褒め言葉。