音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

揺れる想い / ZARD (1993)

うむ。やはり全盛期のZARDはロックのマナーに則ってアレンジをしているから、しっかりとした統一感があって聴きやすいのだよな。ちょっとオールドファッションドな雰囲気を演出しているというか。奇をてらわず、耳になじみ深いアレンジをすることで、聴き手に安心感を与えるとでも言いますか。