音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

空はまるで / Monkey Majik (2007)

もう7年前のアルバムか。僕が初めてMONKEY MAJIKを知った作品。予備知識=仙台出身で売れ始めているらしい、程度の情報で聴き始めたら、これがなかなかスムースな楽曲が並ぶ、今風のAORってこんな感じなんだろうな、と思わせる独自性があった。

個人的にはこのアルバムが頂点で、あとはセールスもBPMも緩やかに下降線を辿りながら、今まで緩やかに延命しているバンド、というイメージ。仙台に住み続けていれば情報量も感じる熱も違っていたのだろうか。