音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

Gary Clark Jr. Live / Gary Clark Jr. (2014) Hi-Res

CD1枚に入りきらないサイズの音楽は、配信やハイレゾ配信に向いているね。途中でぶった切られるのも悲しいので。ということでGary Clark Jr.のライブ盤。常々この人はライブの方が向いているという気がしていたので、嬉しい1枚。

中身は、おそらくこれが2010年代のブルーズを代表するスタイルではないかというくらいに、ギターにかけたエフェクタが目だつ。時にエフェクタを軽めにかけた曲もあるけれども、それもまた味がある。とにかくエフェクタの処理に耳が左右されるライブと言ってもいい。だから、イヤホンで聴くのは少々辛いものがある。非常にノイジーで甲高いギターがダイレクトに耳に入ってくるので。これはスピーカーで聴くものだ。

そして何よりもまだ新人の部類なのに、堂々としたライブパフォーマンス。オッサン、シビれますよ。これ、40くらいのベテランのライブだと言われても、きっと信じてしまうのではないかな。とにかくもっともっとガンガンに弾いてくれ、といったところで寸止めしちゃうとことも素敵。イカす。