音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

わたしのうた / 畠山美由紀 with ASA-CHANG&ブルーハッツ (2007)

畠山美由紀の新譜もいいけれども、このアルバムを持っていたことを忘れちゃいけない。言うならば、今の畠山美由紀に至る一つのヒントとなる作品。ビッグバンドをバックに、映画曲、童謡、数々の名曲を歌い上げるコンセプトのアルバム。当時、これを店頭試聴した時に即買いを決めた1枚でもありまして。

それは今聴いても、やはり名曲に息吹を吹き込む力は凄まじく。なるほど、これがさらに7年継続すると、あの、剃刀で切れそうなボーカルスタイルまで身につけてしまうのだな、としみじみ実感してしまうわけでありますよ。