音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

THE R〜The Best of RHYMESTER 2009-2014〜 / RHYMESTER (2014)

ここ数作、RHYMESTERが妙に聴きやすくなっているなとは感じていたのだけれども、このベスト盤を聴いてみるとそれが明らかになっている。ヴァースに込められた様々な思いは変わらないのだけれども、トラックが非常に取っつきやすくなっていると同時に、尖っている部分は滅茶苦茶尖って、そのバランスが、実は聴きやすいという方向に傾いているのではないかと思った次第。

前回のベスト盤と比較すると、収録対象期間は短いけれども、そのポップネスのようなものを閉じ込めたベストアルバムだと考えると、非常に納得の行くリリースなのではないかと。少なくとも、聴いている間、飽きが全く来なかったのは見事。

ライナーも十分に読み応えがあって、楽曲と時代を取り巻く環境について詳細に書かれているのもまた興味深い。