音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

1997 10.31 LIVE AT 新宿LOFT / 黒夢 (1998)

これまたサルベージの1枚。

いわゆるパンク期の黒夢ライブをパッケージした1枚だけれども、今聴くと、意外と生温いというか、パンクっぽいポップスを演出していると言う印象。基本的に楽曲が聴きやすいというところに起因しているとは思うのだけれども。批判しているわけではなく、非常に聴きやすいな、と。勢いを楽しむことも出来るし、生暖かい目で見守ることも出来るし、とでもいいますか。

で、結構な勢い、かつ当時は結構問題作だったはずのパンクロックへの変化を遂げたアルバムの楽曲から攻めて攻めて攻めまくるわりには、最後の最後でシングル曲を持ってきてファンサービスに務めると言うあたりが、当時の黒夢なりのサービス精神だったのだろうなぁ、とも思ってみたり。この辺もやはり生暖かい目で見守ってあげたくなってしまうのだよな。ラスト2曲がなければ、相当にイカしたライブアルバムになっていたと思うのだが。楽曲は好きだけれどもね。勢いが削がれるのは否定出来ない。