音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

A(エース) / 電気グルーヴ (1997)

バカもやっているのだけれども、トラックは基本的にとことん真摯というあたりの、バランスの悪い怖さがいつ聴いてもある。だからいつも『VITAMIN』や『ORANGE』に逃げるのだよな。

とはいえ、やはり電気グルーヴの一つの頂点、高い純度だとは思うので、ディスクで持っていたいというのが本音。まだMP3でしか持っていない。CD-Rは早々に処分しちゃったしなぁ。