音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

魅力がすごいよ / ゲスの極み乙女。 (2014)

演奏が基本的に中度のバカテクに人を喰ったような歌。それは今まで通り。で、歌で遊ぶという邪魔な要素がなくなった分、この最新作では一つのバンドとしての最低限のラインをクリアしたような気がする。マトモなバンドになったというか。

まぁ、今までの遊び心ある方が好きだったという人がいても当然だけれども、その要素が余計だと思っていた自分のような人には、このバンドが意外と成長出来る伸びしろがあったのだなと感心出来るような気がする。歌詞は読んでないけれどもね。