音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

VERY BEST ROLL OVER 20TH / CHAGE & ASKA (1999)

昨夜は全く寝付かれず、結局1時過ぎまで起きていたのでは。そんなこんなでちょっとした寝坊。朝一の頭の中にグルグルと回り出したのはチャゲアスの「万里の河」。朝にマイナー調の曲が思い浮かぶというのは、どうもこの所の傾向のようで。

で、1曲聴いた後に、このベスト盤からプレイリストにピックアップした16曲を再生。チャゲアスももう古典になりつつあるけれども、やはり飛鳥涼の書くメロディは耳にすんなりと入ってくる良質なポップスとしてよく出来ていると実感。これで薬物なんてやらなければなぁ…。