音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

Life / Simply Red (1995)

やっぱり音圧競争に走っていない頃のディスクは、音は小さいかもしれないけれども、ダイナミックレンジは広く確保されているように聞こえてくるから不思議だ。密度が高いことが正義だと思っていた時期が自分にもあったのに。それもこれもハイレゾを聴くようになったからなのかな。