音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

桜の木の下 / aiko (2000/2005) SACD

ついにこの作品も10年選手の仲間入りか。SACD盤で持っているのだけれども、スピーカーで聴く限りその恩恵がよく分からなかったのだよね。ヘッドホンで聴くと異様にボーカルと楽器の分離がよいのだけれども、これはCD層でもわりと同傾向なのだよな。

あ、でも、やっぱりSACDの効果はあるかもしれない。ヘッドホンで聴いてみても、横方向に綺麗に楽器が配置されている様がよく分かる。こりゃ、認識を改めなければならないかな。