音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

BRIDGE / ZEPPET STORE (1999)

かなり久しぶりに聴いたのだけれども、これ、今風のバンドがやっているサウンド、英詞曲の先駆けだったのでは?と今さらになって新発見。ちっとも色褪せないし、そこら辺のバンドよりもよっぽどメロディも立っているし、何よりも聴いていて甘酸っぱくなる。どことなく懐かしさを誘うボーカルなのだよね、この声が。

当時は相当に入れ込んでいたけれども、ちょっと離れてしまっていた。ZEPPET STOREは『CUE』から『CLUTCH』までが自分にとってのツボだったのだよね。これは本当に良いアルバムだ。また思い出した頃に聴こう。