音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

ベートーヴェン:交響曲第4番&第7番 / ヤルヴィ(パーヴォ),ドイツ・カンマーフィルハーモニー・ブレーメン (2007)

あ、こりゃ、本当に自分との相性ばっちりだわ。交響曲を聴いていて「?」となるポイントが全くない。クラシック素人の自分はよく「?」となることがあるのだけれども、少なくとも、今日聴いた3番、4番、7番、8番に関しては「?」が一回も浮かばなかった。むしろ展開が掴みやすく、演奏も軽快で聴きやすく、いいことだらけ。

そして何よりも、アルコールの軽く回った頭に気持ちよく音が回る!

これはもしかしたらもしかして、SACDディスクを持っていてもいいかもしれないな…。値段もこなれてきているし。検討します。