音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

X&Y / Coldplay (2005)

バーボンの水割りをチビチビとやりながら。しかしロックではなく水割りになったというあたりが、もう、年齢を感じさせますな。

で、この作品。もう10年?リアルタイムで初めて聴いたColdplayがこのアルバムだったのです。だから今でもお気に入りの1枚。決して登場回数が多いとは言えないけれども。非常にひんやりとした空気感と、まだバンドらしいサウンドだった頃の音作りが心地よいのであります。新譜も悪くないけれども、バンドである必要性が徐々に薄れてきている感はあるので。別にバンドスタイルにこだわりはしないですがね。自分にとって心地よい音楽を届けてくれればそれでよいので。