音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

魂リク / 福山雅治 (2015)

福山雅治にカバーをやらせると、結構ものにすることは『The Golden Oldies』でもよく分かっていたことなのだけれども、それはギター弾き語りで勝負した今作でも全く変わることはなかった。完全に自分の歌にして、もしかしたらかのアルバムよりも力が抜けていい感じに曲と向き合っている感覚なのかもしれない。

弾き語りということで、もしかしたら退屈さが勝るか?とも事前には思っていたのだけれども、聴いてみれば最後まで一気にじっくりと聴かせてくれた。福山雅治は自曲を歌うよりも、人の歌を歌い続けてもいいんじゃないのか?