音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

ClariS 〜SINGLE BEST 1st〜 / ClariS (2015)

オリジナルアルバム単位で聴くと、非常に微妙な雰囲気が漂うClariSワークスではありますが、こうやってベスト盤としてまとめられると不思議な統一感が出てきて、普通のガールズポップとして聴けるから面白い。曲が全体的に金太郎飴的なのも、実は良い方に効果を発揮しているのではないかと思ってみたり。掘り出し物と言ったら失礼だけれども、いや、事実、シングルで集めるとこういう結果が待ち受けているとは思わなかった。