音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

Emotions / Mariah Carey (1991/2015 Hi-Res 96/24)

海外の配信サイトの新着ページを見ていたらこのアルバムが目に飛び込んできて「マライアのハイレゾ?それって実はかなりアリなんじゃないか?」と思い、この作品を一度も聴いたことがないくせに、迷うことなく購入。ええ。衝動買いですとも。

で、さすがに知っている1曲目の表題曲から、音質の良さにノックアウトを食らう。「うはー、90年代のサウンドでもハイレゾにすると、ここまでリアルになるものなのか!」と。まぁ、その辺はMJのアルバムでも証明はされていたけれども、それにしてもやっぱり。録音にお金をかけておくと、時代を超えて、ここまで耳が喜ぶ作品が出来るわけですよ。

そしてこれは新発見なのだけれども、マライアはバラードが上手い。「何を今さらバカなことを」と言われそうだけれども、ろくすっぽ聴いたことがなかったのだもの、仕方がないじゃない。もっとアップテンポ寄りの人かと思っていたけれども、この作品を聴く限りではいいバランスの上に成り立っているのだなぁ、と感心することしきり。

本当に24年目にしての邂逅。巡り会うべくして巡り会うのです。