音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

Aqualung / Jethro Tull (1971/2015 Hi-Res 96/24)

HDtracksで猛プッシュされていたことと、調べてみると70年代のブリットハードロックにプログレ風味を振り掛けたような作品、というざっくりとした印象を抱き、軽く試聴して「これは好みの予感がする」と言う直感から購入。

うん。ハードロックですね、これは。そのくせトラッドな印象を受ける楽曲やアレンジも含まれていて、自分にとってはどことなくRenaissanceをほうふつさせるような、あのテイストを薄めてロックのカラーをぐっと強めたという感想。いや、余計なことをこちゃこちゃ述べなくてもいい。これは素直にカッコいいじゃないか。耳の調子がいまいちなのでヘッドホンで聴いていたけれども、これはスピーカーで爆音再生がきっと心地よいハードロックでありますよ。

最近、自分の中のハードロックの基準がなんだかよく分からなくなってきた。思いきり時代をレイドバックしているからなのかもしれない。