音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

Aloha Polydor / Fishmans (1999 CD-DA)

ヘッドホンでダブダブと。

「ゆらめきIN THE AIR」のなんとも天に召されていくような感覚よ。僕も一緒になって嬌声を上げている。召される喜び。そういう喜びを強く強く感じていた時期もありました。それは遠くになりにけり。あの頃はもう結構地から足が離れていたんだろうな…などとしみじみと。本当に、勝手に天に召されることを選択しなくてよかったな、と今は安心して暮らしています。だから、アーカイブされている過去の自分よ、そんなに心配するな。日々、この世から消えてなくなることばかりを考えていたことが嘘のような毎日がやがてやってくるのだから。少しの疲弊と少しの達成感と少しの倦怠感の中で、ただ時間を潰すことだけであっても、それもまた一つの生きる意味なのだと思える日々がやって来るのだから。

ああ。ヘッドホンで聴いたことのない音楽を聴こう!という純粋な企画が、こんな結論に至るとは。やはり自分にとってFishmansはそういう存在なのだな。