音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

ショスタコーヴィチ:交響曲第7番 / ヤルヴィ,ロシア・ナショナル・オーケストラ (2015 SACD)

すごいなーこれ。動かざること石の如くと言った感のある静なる動といったイメージ。これがロシア(ソビエト)の本気か。そうしょっちゅう聴ける作りではないけれども、物事を考えるときの緊張感と、閃いたときの躍動感の両立と言った感。圧巻です。