音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

オルトフォンのリファレンスシリーズ

師匠にお借りしたオルトフォンの銀線ケーブルをDCD-1500REに接続しての鑑賞会だったのだけれども、ふと邦楽ボーカル物を鳴らしてみようと思い立ち、鬼束ちひろ「月光」を鳴らしてみたら、ボーカルが浮くよ!「なんじゃこりゃ!」と思って、とっかえひっかえボーカル物を鳴らしてみたら、どれもこれもボーカルが浮き立つ。そんな話を師匠にしたら「ケーブルも金をかけないとならないと思ったのは、そのケーブルのせいです」とあっさりと。僕は同じ道を進もうとしているのか。取りあえず、このケーブルには到底手が届かないので、そこそこリーズナブルで、そこそこ鳴らしてくれるケーブルを探す旅に出ます。多分。