音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

DEBUT AGAIN / 大滝詠一 (2016 FLAC)

さて、待っていましたのセルフカバーアルバム。中身はもう、期待を一切裏切らないものに。原曲が全て大滝詠一という希有なミュージシャンのものに生まれ変わっている。オリジナル歌手が歌ったトラックそのものを使ったバージョンも、自分用に録り直しているバージョンも、ライブのそれも、もう、どこまでも大滝詠一。そしてリアルタイムでこれらの曲を聴いていた耳からすると、オリジナルに対しての違和感が全くないことに驚きを隠せない。オリジナルもカバーも、両方とも大滝詠一の曲なのだと言うことを、強くこの耳に知らしめる結果になった。ミュージシャン、プロデューサーとしての大瀧詠一の腕もさることながら、表現者としてのボーカリスト大滝詠一というものの凄みすら感じさせる1枚。これは発掘されて然るべき音源だったと思う。最後の置き土産。どうもありがとう。