音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

OH!ベスト / 岡村靖幸 (2001 FLAC)

以前このベスト盤を聴いた際には、「『靖幸』が好きなんだ」という感想で終わっていたのだけれども、今聴いてみると、ディープなのだけれども十分にキャッチーな存在だったと言うことに気付かされた。後半に進むにつれトラックメイキング命、な顔はのぞかせるのだけれども、それさえも十分にポップの範疇に収まっているあたり、実は相当に優れたバランス感覚のあるアーティストだったのではないかと。

自分は少々『靖幸』に入れ込みすぎていたのかもしれない。機会があったら、EPIC期の岡村靖幸をゼロからさらってみるのもいいかもしれないな。