音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

SPARK / 上原ひろみ (2016 ハイレゾ 96/24)

自然と身体に力が入っていたが、それはいかに今まで自分がふにゃけていたかと言うことの現われでしょう。いい緊張感が身体を包んでいますよ。目の力の入り方が違う。張り合いというものは、こういうものだったか。色んなものをこの3ヶ月の間に忘れ、そしてリセットされたのだろうな。緊張感とリラックスの両立。それはこの自分には難しいことだけれども、今後はそうありたいものだよね。正にこの音楽のような柔軟性とメリハリを持ってね。