音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

当コンテンツではアフィリエイト広告を利用しています

word music / GAKU-MC (2000 FLAC)

本日の朝一に。

ようやく出力90%くらいにまで復帰してきた感覚。ここに来てドカンと疲れがやって来たのだろうな。そのタイミングで色んなスケジュールが入ったものだから、負の相乗効果で半ばダウンしていたと言う結果、か。

さて、このアルバム。邦楽生演奏ヒップホップの名盤だと今でも思っている。発売から16年も経っているのに、古臭くなる要素が何もない。もっとクローズアップされてもいいはずの1枚。なんだろうな、人間のあらゆる感情、それもどちらかというとメロウなリリックがふんだんに織り込まれている作品なのだよな。「生きるってどういうこと?」と考えさせられる側面も持っている、ヒップホップとして大雑把に括られるのはもったいない作品。少なくともパーティ系の脳天気ヒップホップでないことは確か。