音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

POWER SCALE / Iceman (1997/2016 ハイレゾ 96/24)

「そう言えばIcemanって真剣に聴いたことがなかったよね?」と思い、妹に「聴くとしたらどのアルバムがオススメ?」と訊ねて、オススメを受けた1枚。デビューアルバムでありました。

なるほど、当時の自分があまり積極的に聴かない理由が分かった。ボーカルにタレント性が欠けるのだよね。音はもうどこをどう切り取っても浅倉大介なのに、あの頃の自分は西川貴教か貴水博之の声の方が受け入れやすかった模様。今聴けば「まぁ、こんなものだろう」と言う声質なのだけれども。そもそもIcemanを聴きたくなった理由が、最近急激に浅倉大介サウンドが恋しくなっているからなので、ボーカルは意外とどんな物でも構わないのかもしれない。

しかし本当に浅倉大介も手癖で全てを語れるトラックメイカーであることよ。